×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



フラット35と財形住宅融資

フラット35と財形住宅融資について

フラット35と財形住宅融資の組み合わせは、それぞれのメリットを生かせる組み合わせといえます。フラット35と併用する場合には同一金融機関の窓口に同時に申し込みをします。

フラット35と財形住宅融資のメリットは?

フラット35のメリット
金利は取扱金融機関ごとに異なりますが、35年間の長期固定で金利水準も低いので、長期に安定した返済ができます。

財形住宅融資のメリット
5年固定という金利水準は、民間の5年固定よりもかなり低いだけでなく、6年目の金利見直しには旧返済額の1.5倍以上にならないように歯止めがかけられています。

フラット35と財形住宅融資の組み合わせたときのメリットは?

金利変動のリスクを長期固定と低利な短期固定で補えるだけでなく、両者を併用する場合には融資率は100%も可能なので早期の住宅取得ができます。

組み合わせる財形住宅融資とは?

財形住宅融資には次のようなものがあるのですが、フラット35と併用できるのは、住宅金融支援機構を通じての個人融資になります。

■住宅金融支援機構を通じての個人融資
■企業を通じての転貸融資
■企業が出資している財形住宅金融株式会社を通じての窓口

ちなみに、財形住宅融資を住宅金融支援機構を通じて利用する場合には、取扱金融機関が定められていますので注意してください。


フラット35と財形住宅融資
フラット35と財形住宅融資の異なる要件は?
フラット35と財形住宅融資の併用のメリット・デメリットは?
親族居住用住宅融資とは?
マンションまるごとフラット35とは?
フラット35と財形住宅融資の共通要件は?
民間住宅ローンとの比較
フラット35と民間住宅ローンの併用は?
セカンドハウス用住宅融資とは?
中古マンションらくらくフラット35とは?
金利優遇キャンペーンの注意点について
団体信用生命保険の活用法と注意点について
公庫の廃止について
離婚の際に住宅ローンが残っている場合について
マイホーム購入時の諸費用について
新規のJA住宅ローンの内容について
公庫の団信への加入条件について
フラット35(保証型)の頭金と収入基準について
変動金利型の未払い利息のリスクについて
フラット35の親子リレー返済について
貸金業者・誇大広告
延滞
初回平均貸付額
契約書受入後・立替払対象金額・訂正

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved