×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



フラット35・住宅ローン入門

フラット35・住宅ローン入門は、マイホームを取得する際に多くの方々が利用するフラット35に関する住宅ローン情報をQ&A形式でわかりやすく解説しているサイトです。

※税制改正等については「サラリーマンの税金ガイド・税制改正編」を参考にしてください。

スポンサードリンク
住宅ローン
住宅金融支援機構融資の制度改正は?
フラット35の買取型と保証型の仕組みは?
適合証明書とは?
中古住宅の技術基準は?
フラット35パッケージとは?
住宅金融支援機構の事業内容は?
新築住宅建設の融資手続きは?
新築住宅の技術基準は?
フラット35Sの技術基準は?
フラット35パッケージの内容は?

フラット35と財形住宅融資
フラット35と財形住宅融資の異なる要件は?
フラット35と財形住宅融資の併用のメリット・デメリットは?
親族居住用住宅融資とは?
マンションまるごとフラット35とは?
フラット35と財形住宅融資の共通要件は?
民間住宅ローンとの比較
フラット35と民間住宅ローンの併用は?
セカンドハウス用住宅融資とは?
中古マンションらくらくフラット35とは?

物件調査と適合証明書
フラット35と民間住宅ローンの違いは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(金利・返済・担保等)
新築住宅建設の場合の手続きの流れは?
フラット35パッケージの特徴は?
フラット35Sとは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(住宅・使途・融資額)
新築住宅購入の場合の手続きの流れは?
中古住宅購入の場合の手続きの流れは?
フラット35とフラット35パッケージの融資条件(使途・資格・融資額等)

フラット35とフラット35パッケージの融資条件(住宅・担保・保険等)
親子リレー返済の後継者の条件は?
フラット35のセカンドハウスローンとは?
三大疾病付団体信用生命保険とは?
フラット35の金利は?
親子リレー返済とは?
親族居住用住宅の融資とは?
セカンドハウスローンの融資条件は?
通常の団信と三大疾病付団信の違いは?
フラット35のメリットは?

一部繰り上げ返済のポイントは?
効果的な一部繰り上げ返済とは?
返済が苦しいときは?
フラット35の条件変更は?
借り換え時の諸費用は?
一部繰り上げ返済のタイプは?
一部繰り上げ返済の手数料は?
延滞損害金とは?
借り換えで得する人は?
担保割れの借り換えは?
不動産用語の基礎知識
時効とは?
自己借地権とは?
資産流動化計画とは?
資産流動化法とは?
事前協議とは?
不動産の所有権の取得時効は?
借地借家法の自己借地権の内容は?
資産流動化計画の承認とは?
事情変更の原則とは?
慈善信託とは?

数量指示売買とは?
スキップフロアとは?
スパン・ワイドスパンとは?
生産緑地とは?
生産緑地法とは?
不動産取引で数量指示売買になるのは?
ステップ償還・ゆとり償還とは?
生活関連施設とは?
生産緑地の制限は?
設計図書とは?

中間法人制度とは?
帳簿の備付けとは?
直接還元法とは?
賃貸型・3号商品とは?
追認とは?
中間法人の種類は?
帳簿の保存は?
直接還元法とDCF法の選択は?
賃料とは?
提携ローン・紹介ローンとは?

取引一任代理とは?
取引事例(成約事例)というのは?
代替の原則と比較方式とは?
取引保証とは?
内容証明郵便とは?
「取引一任代理等に係る特例」とは?
取引事例(成約事例)の利用法は?
取引事例比較法とは?
取引保証の種類は?
内容証明郵便の証拠力とは?

不動産流通近代化センターとは?
不動産流通近代化センターの教育研修事業とは?
不当な履行遅延の禁止とは?
代表的な不燃材料とは?
プロジェクト・ファイナンスとは?
不動産流通近代化センターの近代化指導事業は?
不等沈下(不同沈下)とは?
不燃材料とは?
フローリングとは?
プロパティ・トラストとは?
住宅ローン便利サイト
住宅ローン控除ガイドT
住宅ローン控除ガイドU
マイホームの税金ガイド
財形住宅融資ガイド
住宅ローンの税金ガイド
マイホームの保険ガイド
フラット35得する情報館
住宅ローンの資金計画ガイド
住宅ローンの資金計画ナビ
マイホームの税金入門

住宅ローンの資金計画入門
住宅ローンの資金計画情報館
住宅ローンの資金計画早分かり
住宅ローンの金利比較ガイドその1
住宅ローンの金利比較ガイドその2
フラット35金利比較ガイド
住宅ローンの見直しガイド
はじめての住宅ローン入門その1
はじめての住宅ローン入門その2
はじめての住宅ローン入門その3
借入・ローン便利サイト
ローンの法律
クレジットの法律
金融・ローン法律
クレジットカード・ローン法律
新着トピックス
新築住宅の技術基準について
フラット35の新築住宅の技術基準は以下のようになっています。
▽一戸建てと共同住宅で共通の要件は?
●戸建型式等
耐火構造・準耐火構造以外の木造住宅は一戸建て、連続建てに限定されます。
●区画
住宅相互間を1時間準耐火構造等の界壁で区分していること
●併用住宅の床面積
住宅部分の床面積が全体の1/2以上であること
●断熱構造
住宅の天井、屋根、床下などに所定の厚さ以上の断熱材を施工していること。
▽一戸建てと共同住宅で異なる要件は?
●配管設備の点検
・一戸建て・・・点検口等の設置
・共同住宅・・・共同配管を構造耐力上重要な壁の内部に設置しないこと
▽共同住宅のみの要件は?
●長期修繕計画
計画期間が20年以上であること
●床の遮音構造
RC造の場合は、界床を厚さ15cm以上にすること
▽フラット35パッケージのメリットは?
フラット35パッケージは、フラット35の長期固定金利に民間の低利な住宅ローンを組み合わせた商品なので...
また、利用者にとっては将来の金利変動リスクが軽減できることで、安定的な資金計画が立てられるとともに...
さらに、融資条件としても、フラット35を利用するので、住宅ローンのそれぞれのメリットを生かせることができ有利になります。
ちなみに、フラット35の資金というのは、土地や建物を担保とするまでは融資の実行はできないのですが...
例えば、土地を購入した後で住宅を建設する場合には、土地の購入価格の85%※を先に融資するなどです。
なお、万が一返済が困難になった時には、金融機関と住宅金融支援機構が協議の上で...
免責
フラット35・住宅ローン入門で提供している内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトは一切責任を負いかねます。
プライバシーポリシー

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved