×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



住宅金融支援機構の事業内容は?

住宅金融支援機構の証券化支援事業について

次のような改正が行われています。

■平成19年4月から3大疾病付機構団体信用生命保険の取り扱いが始まりました。
■平成19年4月から融資率が80%だったものが90%に引き上げられました。
■優良住宅取得支援制度について年2回の受付期間が設けられました。

住宅金融支援機構の住宅資金融資事業について

次のような改正が行われています。

■財形住宅融資の見直しが行われ、「住まいひろがり特別融資」と「一般利子補給制度」が廃止されました。

■融資手数料が廃止されました。

■返済方法の特例が平成20年3月31日までと1年延長されました。

■一戸建てに限られますが、高齢者返済特例制度の対象工事等が拡大されました。

■個人融資については、「財形住宅融資」「災害復興住宅融資」「住宅債券購入者及び住宅積立郵便貯金預金者に対する経過措置としての旧公庫融資取り扱い」に限られ、取り扱い金融機関も限定されました。


住宅金融支援機構融資の制度改正は?
フラット35の買取型と保証型の仕組みは?
適合証明書とは?
中古住宅の技術基準は?
フラット35パッケージとは?
住宅金融支援機構の事業内容は?
新築住宅建設の融資手続きは?
新築住宅の技術基準は?
フラット35Sの技術基準は?
フラット35パッケージの内容は?
親から頭金を借りるときの注意点について
住宅ローンの決定は販売業者に左右されるのかについて
固定金利の特徴について
繰上返済の有利なポイントについて
連帯保証人と連帯債務者について
住宅ローンの借入限度額について
住宅ローンの金利の決定方法について
フラット35(買取型)を利用できる人について
銀行の収入以外の審査のポイントについて
自動車ローンがあっても審査に通るのかについて
無人契約機・自動契約機・本人確認
リボルビング払い
全情連・全国信用情報センター連合会
過去の売掛金・クレジット

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved