×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



住宅金融支援機構融資の制度改正は?

住宅金融支援機構融資の制度改正について

平成19年3月31日に住宅金融公庫が廃止され、独立行政法人・住宅金融支援機構が発足しましたが、平成19年度の機構の制度改正は次のような内容になっています。

■従来の住宅金融支援機構の技術水準に加えて、さらに次の基準のいずれかに適合するものを「フラット35S」という表示にして、年2回の受付期間が設けられました。

⇒ 耐震性
⇒ 省エネルギー
⇒ バリアフリー性

この制度を利用すると、当初5年間は融資金利について0.3%優遇されます。

■死亡や高度障害状態など従来の団体信用生命保険に加えて、特約料を支払うことで、がん、急性心筋梗塞、脳卒中といった3大疾病付の団体信用生命保険にも加入できるようになっています。

■融資率が80%から90%に引き上げられました。財形住宅融資と併用する場合には100%になっています。

個人融資について

住宅金融支援機構の個人向け融資は、「財形住宅融資」「災害復興住宅融資」「住宅債券購入者及び住宅積立郵便貯金預金者に対する経過措置としての旧公庫融資取り扱い」に限られ、旧住宅金融公庫のときから比べると、その取り扱い金融機関も大幅に減少することになっています。


住宅金融支援機構融資の制度改正は?
フラット35の買取型と保証型の仕組みは?
適合証明書とは?
中古住宅の技術基準は?
フラット35パッケージとは?
住宅金融支援機構の事業内容は?
新築住宅建設の融資手続きは?
新築住宅の技術基準は?
フラット35Sの技術基準は?
フラット35パッケージの内容は?
頭金を上手く貯める方法について
住宅の取得にかかる頭金以外の諸費用について
変動金利の特徴について
住宅ローンの繰上返済について
収入合算にするか別々のローンにするかについて
住宅ローンの申込の際に必要な書類について
住宅ローンの金利はいつの時点のものかについて
フラット35(買取型)について
申込は外国人でもできるかについて
個人信用調査について
無人契約機(自動契約機)・個人情報保護
毎月一定日・返・得
信用情報機関
本人以外の家族・契約意思確認

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved