×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



取引事例(成約事例)の利用法は?

取引事例(成約事例)の利用法は?

取引事例というのは、宅建業者が媒介契約締結に際して、売却物件を取引事例と比較検討することにより、依頼者へ助言する意見価格の根拠として必須になります。

また、次のような不動産取引実態把握に役立つところも大きいです。

■地価動向
■市場調査
■相場気配...など

関連トピック
代替の原則とは?

種別と類型が同じ不動産の場合は、それが同一需給圏内に存する限り、相互に代替性を有するものです。

なので、その価格には、「代替の原則」が作用します。

比較方式とは?

不動産の取引の際に、その当事者は、その不動産と同種類の代替可能な他の不動産の取引事例、または賃貸借等の事例に着目し、それらの事例における取引価格や賃料を価格判定の目安として用いています。

こうした考え方を基礎として成り立っているものが、比較方式になります。

そして、この比較方式には、次の2つがあります。

取引事例比較法
⇒ 取引事例比較法というのは、価格を求める場合の手法です。

賃貸事例比較法
⇒ 賃貸事例比較法というのは、賃料を求める場合の手法です。


取引一任代理とは?
取引事例(成約事例)というのは?
代替の原則と比較方式とは?
取引保証とは?
内容証明郵便とは?
「取引一任代理等に係る特例」とは?
取引事例(成約事例)の利用法は?
取引事例比較法とは?
取引保証の種類は?
内容証明郵便の証拠力とは?
ノンリコースローン
売買一方の予約
販売受託
標準媒介契約約款
袋地・準袋地の通行権
媒介契約・宅建業者
梁(はり)
ビークル
費用償還請求権
利用を目的とする用益物権
住宅金融専門会社(住専)
使用貸借契約
小規模個人再生
クレジットカード

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved