×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



「取引一任代理等に係る特例」とは?

「取引一任代理等に係る特例」とは?

宅建業法では、宅建業者が取引の一任による代理・媒介を行うことは認められていません。

しかしながら、「取引一任代理等に係る特例」では、宅建業者が、宅地や建物の売買、交換や賃借に係る判断の全部または一部を、宅建業法50条の2に規定する契約により、投資法人等から一任されるとともに、その判断に基づいてこれらの取引の代理や媒介を行う場合に限り、あらかじめ国土交通大臣の認可を受けたときは、その宅建業者が行う取引一任代理等については、次の規定は適用されないこととしています。

■宅建業法34条の2(媒介契約)
■宅建業法34条の3(代理契約)

関連トピック
取引事例(成約事例)というのは?

取引事例(成約事例)というのは、宅建業者が媒介を行った売買・交換・賃貸借の不動産取引について、次のような取引内容を整理し、資料事実に表現したもののことをいいます。

■成約時期
■対象物件
■取引物件
■当事者の事情...など

宅建業者の指定流通機構への報告とは?

宅建業者は、登録物件についての売買・交換の契約が成立したときは、遅滞なく、指定流通機構に報告しなければならないことになっています。


取引一任代理とは?
取引事例(成約事例)というのは?
代替の原則と比較方式とは?
取引保証とは?
内容証明郵便とは?
「取引一任代理等に係る特例」とは?
取引事例(成約事例)の利用法は?
取引事例比較法とは?
取引保証の種類は?
内容証明郵便の証拠力とは?
農地等の権利移動の制限
配達証明で宛先が留守
バリアフリー
ひび割れ
復代理人の責任
媒介
パテだれ
PFI
表示登記
普通借地権
ジャパンプレミアム
商行為
少額訴訟
クレジットカード

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved