×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



取引事例比較法とは?

取引事例比較法とは?

取引事例比較法というのは、価格を求める場合の手法です。

この取引事例比較法は、次のようなことによって対象不動産の試算価格を求めるという手法です。

■多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行います。
■これらに係る取引価格の必要に応じて、事情補正と時点修正を施します。
■地域の要因の比較、個別的要因の比較を行います。
■求められた価格を比較考量します。

比準価格とは?

比準価格というのは、取引事例比較法によって求められた試算価格のことをいいます。

関連トピック
取引保証とは?

不動産取引というのは、一件扱高が高額です。

また、相手方も道の1回限りの取引先であることが多く、しかも通常は、当事者に知識や経験もありません。

取引保証というのは、これらに起因する当事者の不安や懸念を軽減させるため、一定の要件を下に、媒介業者や第三者が取引の安全と危険担保を保証することをいいます。

ちなみに、取引保証には、次のようなものがあります。
■瑕疵保証
■手付保証
■買取保証


取引一任代理とは?
取引事例(成約事例)というのは?
代替の原則と比較方式とは?
取引保証とは?
内容証明郵便とは?
「取引一任代理等に係る特例」とは?
取引事例(成約事例)の利用法は?
取引事例比較法とは?
取引保証の種類は?
内容証明郵便の証拠力とは?
配当落ち
爆裂
BS放送
吹き抜け
付置義務駐車場
媒介契約の内容の書面化
非訴事件
被災市街地復興特別措置法
VFM
不動産
住宅ローン特則
消費者契約法
商業手形・融通手形
返済遅延とブラックリスト

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved