×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



フラット35パッケージの特徴は?

フラット35パッケージについて

フラット35パッケージというのは、フラット35の取扱金融機関が、フラット35とその金融機関の住宅ローンを組み合わせて提供する商品です。

とはいっても、金融機関によっては名称が異なることもありますし、取り扱っていない金融機関もありますので、利用の際には事前にフラット35パッケージを取り扱っているかどうかを問い合わせて確認することが必要です。

フラット35パッケージの特徴は?

フラット35パッケージには、次のような特徴があります。

■住宅金融支援機構の仕組みだと、金融機関と協定して返済案件を変更できるなど、万が一の場合にも安心して返済できます。

■フラット35の長期固定金利と、変動金利型など低利の民間住宅ローンのメリットを組み合わせることで、金利変動リスクを軽減して、安定した返済計画を立てることができます。

■フラット35と併用する住宅ローンは窓口も一本化できるので手続きがスムーズに行えます。

上記のように、フラット35パッケージですと、長期固定金利のフラット35と低利な変動金利型の民間住宅ローンを併用することで、当初の毎月返済額を少なくすることができ、多くの融資を受けることができるとったメリットがありますので、この制度を活用することにより資金計画を有利に進めることが可能です。


物件調査と適合証明書
フラット35と民間住宅ローンの違いは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(金利・返済・担保等)
新築住宅建設の場合の手続きの流れは?
フラット35パッケージの特徴は?
フラット35Sとは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(住宅・使途・融資額)
新築住宅購入の場合の手続きの流れは?
中古住宅購入の場合の手続きの流れは?
フラット35とフラット35パッケージの融資条件(使途・資格・融資額等)
三文判・契約
根保証人・責任
携帯電話・審査
特定継続的役務提供・規制
自己資金は購入価格の30%の理由
元利均等返済のメリット・デメリット
登録免許税の軽減措置
返済条件変更
いくらまで借りられる
諸費用(手数料、保険料、団信)
ろうきんの住宅ローン(中央労働金庫)
公庫が廃止されたときのつみたてくん
家を売るときにも税金がかかる
返済方法と返済期間での有利・不利

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved