×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



中古住宅購入の場合の手続きの流れは?

中古住宅購入の場合の手続きの流れは?

フラット35の中古住宅購入の場合の手続きの流れは、次のように、すべての検査に合格して適合証明書の交付を受けることになります。

フラット35は民間住宅ローンよりも低利で長期固定なので借りやすく、安定した返済計画が立てられるというメリットがあるのですが、住宅の質を確保する適合証明書の交付を受けないと融資が受けられないといった厳しい制約もあります。

利用者の手続き
・借入の申込み
     ↓
・審査結果の通知
     ↓
・金融機関に適合証明書を提出
     ↓
・抵当権の設定、融資の契約、資金の実行登記
     ↓
・入居

事業者の手続き
・適合証明申請、適合証明書の交付


物件調査と適合証明書
フラット35と民間住宅ローンの違いは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(金利・返済・担保等)
新築住宅建設の場合の手続きの流れは?
フラット35パッケージの特徴は?
フラット35Sとは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(住宅・使途・融資額)
新築住宅購入の場合の手続きの流れは?
中古住宅購入の場合の手続きの流れは?
フラット35とフラット35パッケージの融資条件(使途・資格・融資額等)
キャッシング機能付クレジットカード・申込時・本人確認
保証人・義務
最重要属性・年齢
連鎖販売取引
安心して購入できる住宅価格
元金均等返済のメリット・デメリット
登録免許税
見直しするのに有利な時期
住宅ローン控除の確定申告の書き方
諸費用
銀行融資で選択したい金利タイプ
中古住宅の技術基準
固定資産税評価額
金利と金利タイプの有利・不利

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved