×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



フラット35と民間住宅ローンの融資条件(住宅・使途・融資額)

フラット35と民間住宅ローンの融資条件(住宅・使途・融資額)について

フラット35と民間住宅ローンの融資の対象になる住宅、融資の使途、融資額などの融資条件については次のようになっています。

融資の対象になる住宅は?

フラット35
・取得価格1億円以内※の機構が定めた技術基準に適合した住宅であること。
・床面積は戸建は70u以上で、共同住宅は30u以上です。敷地面積については問われません。
・物件検査があり、検査費用がかかります。

※中古住宅については、建築確認日が昭和56年5月31日以前の場合は機構が定める耐震評価基準等に適合していること

民間住宅ローン
・建築基準法等に適合した住宅であること。
・床面積や敷地面積については問われません。
・物件検査はありません。

融資の使途は?

フラット35
・住宅の新築や購入です。中古住宅も含みます。

民間住宅ローン
・住宅の新築や購入です。中古住宅も含みます。
・リフォームもOKです。

融資限度額は?

フラット35
・全国一律8,000万円を上限に、所要資金の90%までの融資が受けられます。

民間住宅ローン
・融資限度額は最高で1億円などもあり、所要資金の90%以上の融資も可能です。

収入基準は?

フラット35
・毎月返済額の4倍以上の月収が必要です。

民間住宅ローン
・金融機関によって異なります。


物件調査と適合証明書
フラット35と民間住宅ローンの違いは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(金利・返済・担保等)
新築住宅建設の場合の手続きの流れは?
フラット35パッケージの特徴は?
フラット35Sとは?
フラット35と民間住宅ローンの融資条件(住宅・使途・融資額)
新築住宅購入の場合の手続きの流れは?
中古住宅購入の場合の手続きの流れは?
フラット35とフラット35パッケージの融資条件(使途・資格・融資額等)
消費者金融・未成年者・契約
民事再生法
電話・FAX・申込み
クーリングオフ制度
返済期間を35年から25年に
返済中の繰り上げ返済と条件変更
マイホーム購入時の税金
借換え
3,000万円の特別控除と買い換え特例
自己資金力アップのための共有
銀行で住宅ローンを組む
公庫融資との相違点
固定資産税はいつ払う
公的融資の特徴

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved