×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



事前協議とは?

事前協議とは?

事前協議というのは、一般的には、開発許可の申請前に、あらかじめ開発行為に関係する公共施設管理者への同意を得、また開発地区外周アクセスへの取付道路や、排水路整備等の付帯工事によって設置する公共施設の予定管理者と協議することをいいます。

事前協議の内容は?

事前協議は、次のようにする必要があります。

開発面積が20ヘクタール以上
⇒ 義務教育施設の設置義務者と水道事業者と協議する必要があります。

開発面積が40ヘクタール以上
⇒ 一般電気事業者、一般ガス事業者、鉄道事業者、軌道経営者とも協議する必要があります。

関連トピック
慈善信託とは?

慈善信託というのは、チャリタブルトラストのことです。

慈善信託は、不動産証券化の際に、海外に設立されたSPCの普通株式を無償譲渡された海外の信託会社が、信託宣言※を利用して、自ら委託者兼受託者となり、信託期間満了時に、海外SPCの残余財産を慈善団体に寄付することを契約する信託のことをいいます。

※英米法特有の制度です。

慈善信託の利用法は?

慈善信託は、商法上の株式会社や有限会社等を利用して不動産証券化を行う場合に、慈善信託とケイマンSPCを組み合わせて倒産隔離を図ることが多いです。


時効とは?
自己借地権とは?
資産流動化計画とは?
資産流動化法とは?
事前協議とは?
不動産の所有権の取得時効は?
借地借家法の自己借地権の内容は?
資産流動化計画の承認とは?
事情変更の原則とは?
慈善信託とは?
IR
給料の全額差押え
契約書は2通作成
非免責債権
司法書士
従前地
住宅宅地債券
返済に困った時の新特例
準不燃材料
地面師・家屋師
借地借家法
住宅品質確保法の住宅性能評価
準難燃材料
消費者契約法

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved