×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



資産流動化計画の承認とは?

資産流動化計画の承認とは?

特定目的会社は、業務の開始前に、資産流動化計画について、あらかじめすべての特定社員※の承認を受けなければなりません。

※特定出資をした出資者です。

資産流動化計画はいつ必要?

資産流動化計画は、特定目的会社が資産の流動化に係る業務を行うときに、内閣総理大臣に届け出る際に添付されます。

資産流動化計画の変更は?

資産流動化計画を変更する際には、社員総会の決議によらなければなりません。

関連トピック
資産流動化法とは?

資産流動化法というのは、資産流動化に関する法律を略したものですが、これは平成10年9月に施行された法律です。

ちなみに、通称として「SPC法」と呼ばれることも多いです。

資産流動化法の目的は?

資産流動化法の目的は、特定目的会社や特定目的信託を用いて資産を保有し、その資産を担保に有価証券や社債を発行したり、信託の受益権の譲渡等を行うことによって、資産の流動化を図ることにあります。

資産流動化法の対象は?

平成13年の改正施行で、資産流動化法の対象とされる資産の範囲は、次のようなものから、それらを含む財産権一般にまで拡大されています。

■不動産
■指名金銭債権
⇒ 銀行の貸付債権、リース債権、企業の売掛債権
■信託受益権


時効とは?
自己借地権とは?
資産流動化計画とは?
資産流動化法とは?
事前協議とは?
不動産の所有権の取得時効は?
借地借家法の自己借地権の内容は?
資産流動化計画の承認とは?
事情変更の原則とは?
慈善信託とは?
瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)
任意整理
借用書と金銭消費貸借契約書
給与所得者等再生
私道
斜線制限
修繕積立金
借換え手続き
準禁治産者
指定保証機関
借地権の譲渡・借地の賃貸
住宅地区改良区による制限
主要構造部
使用細則

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved