×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



不動産の所有権の取得時効は?

不動産の所有権の取得時効は?

不動産の所有権の取得時効は、その占有者が所有の意思をもって平穏公然と他人の不動産を占有している場合、占有開始のとき、そう信じるについて過失がなければ、10年、そうでないときは20年で完成します。

占有者がこの利益を受けるには?

ただし、占有者がこの利益を受けるためには、時効完成後時効の援用が必要となります。

また、権利者が時効完成を妨げるには、その前に明渡し請求など時効を中断させなければなりません。

関連トピック
自己借地権とは?

自己借地権というのは、土地所有者が、自己を借地権者として設定する借地権のことをいいます。

自己借地権は、借地権付マンションの分譲などの場合に役立てられます。

借地借家法における新設について

土地所有者が区分所有建物を建ててこれを分譲する場合には、従来ですと、民法の混同の原則によって、土地所有者は自らのために借地権を設定することはできませんでした。

しかしながら、借地借家法の制定(平成4年に施行)によって、自己借地権が新設され、これが可能になりました。


時効とは?
自己借地権とは?
資産流動化計画とは?
資産流動化法とは?
事前協議とは?
不動産の所有権の取得時効は?
借地借家法の自己借地権の内容は?
資産流動化計画の承認とは?
事情変更の原則とは?
慈善信託とは?
ICカード
日掛け金融
根保証制度
住宅資金特別条項
実務講習
支払金・預り金の保全
借家契約解約の正当事由
建替えローン
集団投資スキーム
指定講習
借地権の更新
従業者証明書の携帯義務
住宅ローンとクレジット
住宅リフォーム・紛争処理支援センター

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved