×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



フラット35の金利は?

フラット35の金利について

平成19年3月に住宅金融公庫が廃止され、その後フラット35業務は住宅金融支援機構に引き継がれることになりました。

フラット35というのは、住宅金融支援機構が民間金融機関の住宅ローン債券を買い取り、それを証券化することで、民間金融機関が長期の固定金利ローン商品を販売することを支援するという仕組みになっています。

なお、リフォームや借り換えには使えませんので注意が必要です。

フラット35の金利は?

フラット35は、最大35年返済の完全固定金利型です。平成19年8月現在の平均金利は、3.171%となっています。

ただし、実際の金利は取扱金融機関によって異なりますので、十分な比較検討が大切になってきます。

また、フラット35や民間融資の金利は公的融資と異なり、融資が実行される時点のものが適用されますので注意してください。

これは、申込時にシュミレーションして返済額を計算したとしても、実際の返済額は変わる可能性があるからです。

ちなみに、保証料が不要だったり、繰上返済の手数料が無料であったりと、多くの有利な面がありますので、かなり使い勝手はよくなっています。

フラット35はどこで利用できる?

フラット35を取扱っている金融機関は、現時点で全国で300以上あります。取扱金融機関についてはフラット35のホームページから調べることが可能です。


フラット35とフラット35パッケージの融資条件(住宅・担保・保険等)
親子リレー返済の後継者の条件は?
フラット35のセカンドハウスローンとは?
三大疾病付団体信用生命保険とは?
フラット35の金利は?
親子リレー返済とは?
親族居住用住宅の融資とは?
セカンドハウスローンの融資条件は?
通常の団信と三大疾病付団信の違いは?
フラット35のメリットは?
警察の捜査・個人情報開示
悪質な取立て
審査・勤務先確認
割賦販売法・遅延損害金の上限
銀行の住宅ローンの金利
契約時の印紙税
相続時精算課税制度の仕組み
段階金利の期間短縮型
新築マンションの物件概要の見方
信用金庫・信用組合のローン
仲介手数料の金額
耐震強度偽装再発防止の法律
年代別のマイホーム取得
下見

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved