×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



フラット35のセカンドハウスローンの融資条件は?

フラット35のセカンドハウスローンの融資条件について

フラット35のセカンドハウスローンの主な融資条件は次のようになっています。

利用対象者について
申込時の年齢が70歳未満の人で、毎月の返済額の4倍以上の月収のある人

資金の使途について
借主本人やその家族が利用するセカンドハウスの建築・購入資金であること

金利について
金融機関によって異なります。

返済期間について
15年以上※35年以内で、完済時の年齢が80歳未満です。

※60歳以上は10年以上です。

融資額について
建設費・購入費の90%以内で、1,000万円以上8,000万円まで借りられます。

事務手数料について
金融機関によって異なりますが、必要です。

保証料について
必要ありません。

団体信用生命保険について
加入は任意です。

特約保険について
自己負担になりますが、三大疾病特約があります。

民間金融機関のセカンドハウスローンは?

フラット35よりは金利が少し高くなりますが、民間金融機関でも次のようなセカンドハウスローン商品を販売しています。

三菱東京UFJ銀行
・・・セカンド住宅ローン

オリックス信託銀行
・・・セカンドハウスローン応援プラン

千葉銀行
・・・金利選択型セカンドハウスローン


フラット35とフラット35パッケージの融資条件(住宅・担保・保険等)
親子リレー返済の後継者の条件は?
フラット35のセカンドハウスローンとは?
三大疾病付団体信用生命保険とは?
フラット35の金利は?
親子リレー返済とは?
親族居住用住宅の融資とは?
セカンドハウスローンの融資条件は?
通常の団信と三大疾病付団信の違いは?
フラット35のメリットは?
誤ったデータ・記録の訂正
非免責債権
信用情報機関・照会
特定商取引法・規制を受ける取引
固定金利選択型
固定資産税の軽減措置
住宅ローン控除の税金還付
返済計画変更の手数料
新築一戸建ての物件概要の見方
銀行ローン
固定資産税の軽減措置
賃貸と持家の相違
売買契約・ローン申し込み
中古住宅の広告の見方

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved