×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



生産緑地法とは?

生産緑地法とは?

生産緑地法というのは、昭和49年に制定された法律です。

この生産緑地法の目的は、生産緑地地区に関する土地計画に関して必要な事項を定め、農林漁業との調整を図りつつ、良好な都市環境の形成に資することにあります。

生産緑地法の内容は?

生産緑地法には、次のようなことが定められています。

■都市計画に、市街化区域内の農地等で、公害や災害の防止等の効用があり、かつ、公共施設等の敷地の用に供する土地として適している500u以上の規模の区域等を「生産緑地地区」として定めることができます。

■生産緑地地区内で建築物の新築・改築・増築、宅地の造成等を行う場合には、原則として、市町村長の許可を受けなければなりません。

なお、生産緑地地区の区域の指定は、都道府県や市町村で確認できます。

また、生産緑地地区が都市計画で定められたときには、地区内に標識が設置されます。


数量指示売買とは?
スキップフロアとは?
スパン・ワイドスパンとは?
生産緑地とは?
生産緑地法とは?
不動産取引で数量指示売買になるのは?
ステップ償還・ゆとり償還とは?
生活関連施設とは?
生産緑地の制限は?
設計図書とは?
相続税
相殺の効力
代襲相続
立会人
宅地建物取引業初任従業者教育研修
贈与税
耐火構造
建物買取請求権の代金額
短期地価動向調査
宅地建物取引主任者証
請負契約
連帯保証人と単純保証人
実印
破産手続と免責

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved