×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



数量指示売買とは?

数量指示売買とは?

数量指示売買というのは、売主が、一定の数量があることを契約において表示し、かつ、この数量を基礎として代金額が定められた売買のことをいいます。

具体的には、土地売買で、1u当たり○○万円と単価を定め、○○uあるので総額では○○万円になる、というような売買のことで、単価と数量を乗ずることで代金を定めるような取引のことを指します。

登記簿の地積の表示は?

最高裁判決では、土地等の売買の際に、売買の対象物を特定するために、登記簿の地積を表示しただけでは、直ちに数量指示売買になるわけではないと判示しています(最判昭43.8.20)。

関連トピック
不動産取引で数量指示売買になるのは?

不動産取引において数量指示売買になるのは、次のように約定した実測売買といわれるものが該当します。

⇒ 「実測により面積に増または減があったときには、1u当たり○○万円で清算する」

実務上と判例は?

実務上の実測売買では、増または減のいずれかの場合も清算するとするのが通例となっています。

しかしながら、判例では、数量が不足する場合には適用しますが、数量が超過する場合の適用については認めていません(最判平13.11.27)。


数量指示売買とは?
スキップフロアとは?
スパン・ワイドスパンとは?
生産緑地とは?
生産緑地法とは?
不動産取引で数量指示売買になるのは?
ステップ償還・ゆとり償還とは?
生活関連施設とは?
生産緑地の制限は?
設計図書とは?
先行登記
専任の取引主任者
組積構造
大都市の住宅と住宅地の供給
宅地及び建物
全国新幹線鉄道整備法
造作買取請求権
即決和解
タイトル・インシュアランス
宅地建物取引業保証協会
ROA
名前を勝手に使用し借金
認印の借用書
詐欺破産罪

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved