×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



帳簿の備付けとは?

帳簿の備付けとは?

宅建業者は、事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、宅地建物取引業に関し取引のあった都度、次のような事項を記載しなければならないことになっています。

■取引年月日
■取引物件の所在地、面積
■その他国土交通省令で定める事項

電子計算機での保存は?

帳簿の記載事項等が、電子計算機に備えられたファイルや磁気ディスクに記録され、必要に応じて明確に紙面に表示されるときは、帳簿への記載に代えられます。

関連トピック
帳簿の保存は?

帳簿等は、各事業年度の末日で閉鎖し、閉鎖後5年間保存しなければなりません。

帳簿の備付けにおける国土交通省令で定める事項とは?

帳簿の備付けにおける国土交通省令で定める事項というのは、次のようなものです。

■取引態様の別
■取引の相手もしくは依頼者の氏名や住所等
■取引に関与した他の業者の商号や名称等
■宅地については、現況地目や位置等
■建物については、構造上の種別や用途等
■売買金額や賃料等
■報酬の額
■取引の際の特約料等


中間法人制度とは?
帳簿の備付けとは?
直接還元法とは?
賃貸型・3号商品とは?
追認とは?
中間法人の種類は?
帳簿の保存は?
直接還元法とDCF法の選択は?
賃料とは?
提携ローン・紹介ローンとは?
デッドスペース
登記請求権
建築基準法上の道路
特定行政庁
土地区画整理事業
テラスハウス
投資信託協会の自主規制
道路位置の指定
特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法
特定優良賃貸住宅制度
アドオン表示
裁判所からの訴状
借用書
クーリング・オフ

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved