×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



借り換え時の諸費用は?

借り換え時の諸費用はどのくらいかかるのですか?

借り換えとはいえ、実質的に新たなローンを組むわけですから、借り換え時には次のような諸費用がかかります。

■ローン保証料
■登記費用
■抵当権設定費用

これらは、借入金額や返済期間によっても異なりますが、おおよそ20〜40万円程度になります。

ローン保証料の金額については、借入金の額が大きいほど、また返済期間が長いほど高くなります。諸費用の中では特に、このローン保証料の負担が大きくなります。

よって、借り換えについては、これら諸費用の金額を含めてもメリットがあるかどうかを考慮して検討するようにしたいところです。

以前に組んでいたローンの保証金というのは戻ってくるのですか?

借り換えでは、以前のローンで支払った保証金の一部については戻ってきます。

とはいえ、元金の残高に応じて決まるので、あまり大きな額は期待できないでしょう。


一部繰り上げ返済のポイントは?
効果的な一部繰り上げ返済とは?
返済が苦しいときは?
フラット35の条件変更は?
借り換え時の諸費用は?
一部繰り上げ返済のタイプは?
一部繰り上げ返済の手数料は?
延滞損害金とは?
借り換えで得する人は?
担保割れの借り換えは?
IDカード
家族の借金・返済義務
本人確認書類・身分証明書
相続・限定承認
権利金
建築不可
行為能力の制度
借換え専用の住宅ローン
債権・債務
減損会計
権利の濫用
公示の原則と公信の原則
公正証書
告示

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved