×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



担保割れの借り換えは?

担保割れ物件とはどのような不動産をいうのですか?

担保割れ物件というのは、現在の借入金残高が担保評価額よりも多くなっている状態の不動産のことです。

バブルのときに購入した物件などは、そのほとんどは担保価値が大きく下がっていると思われます。なので、借り換え時の査定も当然低くなるはずです。

担保割れの物件の借り換えはできるのでしょうか?

以前は、金融機関では担保割れ物件にあまり借り換えを認めていませんでしたが、現在は、収入基準を満たしていて、返済能力にも問題がなければ、たとえ物件が担保割れしていても借り換え融資を行うところが増えてきました。

実際、担保評価額の2〜3倍といった借り換えが可能な場合もありますので、金融機関の窓口で相談してみるとよいと思われます。

返済方法を工夫した借り換え方法というのはありますか?

次のように、借り換え時の返済方法を工夫することによって、目的にあわせたメリットが得られることもあります。

■毎月返済額を少し多くすることで、返済期間をさらに短縮することが可能になります。

■毎月返済額を同じ程度にすることで、返済期間を短縮することが可能になります。

■返済期間を同じ程度にすることで、毎月返済額を軽減することが可能になります。


一部繰り上げ返済のポイントは?
効果的な一部繰り上げ返済とは?
返済が苦しいときは?
フラット35の条件変更は?
借り換え時の諸費用は?
一部繰り上げ返済のタイプは?
一部繰り上げ返済の手数料は?
延滞損害金とは?
借り換えで得する人は?
担保割れの借り換えは?
IT基本法・高度情報通信ネットワーク社会形成基本法
家族の借金・取立屋・請求
店頭申し込み
妻・夫・遺産全額・相続
投資法人制度の行為準則
建築物の延べ面積
交渉預り金
借換えできない場合
再調達原価
建築基準法
公共負担
公的融資
公正取引委員会
固定金利選択型住宅ローン

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved