×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラット35・住宅ローン入門



セカンドハウス用住宅融資とは?

セカンドハウス用住宅融資について

セカンドハウス用の住宅を取得する場合にも、フラット35ではマイホーム取得と同様の条件で利用が可能です。

セカンドハウスとは、現在の住居以外に、勤務先近くに住居をおいたり、週末などに自分で利用したりするために、2戸目の住宅を取得することです。

申込みの際には次の条件で収入合算が認められています。

■申込本人と収入合算者の現住所が同じ場合※、申込本人の収入を限度にして収入合算者の収入金額を合算することができます。

■申込本人と収入合算者の現住所が異なる場合には、収入合算者の収入の50%か申込本人の収入のどちらか低い額になります。

ちなみに、賃貸するための住宅には利用できません。また、住宅ローン控除の適用もありません。

※契約時に同じになるものも含みます。


フラット35と財形住宅融資
フラット35と財形住宅融資の異なる要件は?
フラット35と財形住宅融資の併用のメリット・デメリットは?
親族居住用住宅融資とは?
マンションまるごとフラット35とは?
フラット35と財形住宅融資の共通要件は?
民間住宅ローンとの比較
フラット35と民間住宅ローンの併用は?
セカンドハウス用住宅融資とは?
中古マンションらくらくフラット35とは?
信用金庫の住宅ローンについて
フラット35の連帯債務者について
変動金利型と固定金利型について
返済が遅れている場合について
手持ちのお金はどのくらい必要かについて
あおぞら銀行の「レディ住まいle(エルイー)」について
不動産の価値について
フラット35の特徴について
審査が通りにくい人について
銀行の住宅ローンの特徴について
貸金業者・登録拒否要件
個人債務者再生手続
返済額・返済日
加盟店情報センター

Copyright (C) 2011 フラット35・住宅ローン入門 All Rights Reserved